2021.08.07 up

暦のおはなし

立秋(りっしゅう)

日中は厳しく照り付ける夏の日差し。ふと空を見上げると、いわし雲が。

 

今日から暦は、「秋」の文字が付いた立秋に変わります。立秋とはどのような季節なのでしょうか。

 

 

8月7日は 二十四節気で立秋(りっしゅう)

 

立秋とは、暑さが続くが秋の気配をほのかに感じる頃。

 

暦の上では今日から秋。まだまだ暑い盛りですが、立秋から秋分までを残暑と呼びます。

 

月遅れのお盆や花火大会、夏祭りなどが催される時期。

ひぐらしがなき始め、甘くとろける果肉の桃が旬を迎えます。夏の疲れも出始める頃、無理せず残暑を乗り切りたいですね。

 

「立」には新しい季節になるという意味があり、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」は四立(しりゅう)と呼ばれ、季節の大きな節目になります。

 

 

秋隣(あきとなり/あきどなり)

立秋に入る前をあらわすの夏の季語。
秋の気配をすぐとなりにいるように感じるという風流な言葉です。時折吹く涼しげな風や、虫や鳥の鳴き声、草木の変化など身近にも秋の訪れを感じることができると思います。季節の移ろいを探してみてはいかがでしょうか。

 

『二十四節気(にじゅうしせっき)』 とは・・・
暦の上での日付とは別に、太陽の動きをもとに1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、それぞれをさらに6つに分けて24の季節に区切ったものを『二十四節気』といいます。それは、日本の自然を表現するような言葉が並んでいて、現在でも季節の節目などを示す言葉として使われています。

詳しくはこちらから

 意外と知らないカレンダーのあれこれ 教えて!めくろう君(二十四節気について)

 

 

芒種(ぼうしゅ)

STORE BLOG

芒種(ぼうしゅ)

2021.06.05 up

初夏の爽やかな陽気から、だんだんと蒸し暑さを感じ全国的に梅雨入りの季節を迎えます。 この時期は高温多湿になりますので、保存している食糧の保管状態にも気を付けない…

初夏の爽やかな陽気から、だんだんと蒸し暑さを感じ全国的に梅雨入りの季節を迎えます。 この時期は高温多湿になりますので、保存している食糧の保管状態にも気を付けない…

 

 

この他にも馴染み深い「夏至」や「冬至」など、全部で24の言葉があります。なにげなくカレンダーなどで見ていたものも、意味を知ることで暮らしの中でより季節を味わうことができます。『二十四節気』を知って、日本の季節の移ろいを楽しんでみてください。

 

 

この日を過ぎたら季節の挨拶状は、「暑中見舞い」から「残暑見舞い」に変わるよ!

めくろうくんのちょっと雑学!?

 

 

色彩暦(二十四節気入)

お買いもの

色彩暦(二十四節気入)

¥1,100(税込)

四季の移り変わり、日々の暮らしの節目を暦で感じることのできるカレンダーです。

四季の移り変わり、日々の暮らしの節目を暦で感じることのできるカレンダーです。

この記事をシェアする

一覧に戻る