2021.09.07 up

暦のおはなし

白露(はくろ)

ようやく残暑も引いていき、本格的な秋の訪れがもう目の前です。

 

ふと空を見上げると、日本の秋の虫の代表・赤とんぼ。白露とはどのような季節なのでしょうか。

 

 

9月7日は 二十四節気で白露(はくろ)

 

白露とは、明け方草花に白露が宿るようになり、秋が深まる頃。

 

日中の暑さも和らぎ、朝夕は肌寒さを感じ始めます。夜の間に大気が冷え、草花たちにきらきらと輝く小さなガラス細工のような朝露をまとわせます。

みずみずしくクエン酸たっぷりな梨、人気の秋野菜なすが旬を迎えます。朝晩の寒暖差も大きく、季節の変わり目。体調の変化には注意が必要ですね。

 

白露の終わりまでを残暑と呼び、9月9日は菊の節句である「重陽の節句」を迎えます。

 

 

秋の七草

秋の七草は、山上憶良(やまのうえのおくら)が万葉集で詠んだ7種の草花にちなんでいます。

『秋の野に咲きたる花を指折り(およびおり)かき数ふれば七種(ななくさ)の花』 万葉集巻8第1537番

『萩の花尾花葛花なでしこの花女郎花また藤袴朝がほの花』 万葉集巻8第1538番

 

・萩(はぎ)・・・「くさかんむり」に「秋」と書き、秋を代表する花。秋の彼岸には欠かせない「おはぎ」の由来にも。

・すすき・・・お月見には欠かせない植物。茅(かや)ともいい茅葺屋根の材料にも。

・葛(くず)・・・古くから食用(葛餅や葛切りなどの和菓子材料)・薬用(葛根)として親しまれている植物。

・撫子(なでしこ)・・・古くから美しいとされる可憐なピンクの花。日本人女性の清楚な美しさを撫子に見立て「大和撫子」。

・女郎花(おみなえし)・・・女性らしく美しく華やかなとされる黄色い花。漢方にも用いられる。

・藤袴(ふじばかま)・・・近年では絶滅の恐れがあると危ぶまれる植物。藤色の花。

・桔梗(ききょう)・・・近年では絶滅の恐れがあると危ぶまれる植物。明智光秀の家紋「水色桔梗」でも知られる。

 

「春の七草」はお正月明けに七草粥にして無病息災を祈るものですが、秋の七草は草花の美しさを鑑賞するものです。

 

-撫子(なでしこ)

 

『二十四節気(にじゅうしせっき)』 とは・・・
暦の上での日付とは別に、太陽の動きをもとに1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、それぞれをさらに6つに分けて24の季節に区切ったものを『二十四節気』といいます。それは、日本の自然を表現するような言葉が並んでいて、現在でも季節の節目などを示す言葉として使われています。

詳しくはこちらから

 意外と知らないカレンダーのあれこれ 教えて!めくろう君(二十四節気について)

 

 

芒種(ぼうしゅ)

STORE BLOG

芒種(ぼうしゅ)

2021.06.05 up

初夏の爽やかな陽気から、だんだんと蒸し暑さを感じ全国的に梅雨入りの季節を迎えます。 この時期は高温多湿になりますので、保存している食糧の保管状態にも気を付けない…

初夏の爽やかな陽気から、だんだんと蒸し暑さを感じ全国的に梅雨入りの季節を迎えます。 この時期は高温多湿になりますので、保存している食糧の保管状態にも気を付けない…

 

 

この他にも馴染み深い「夏至」や「冬至」など、全部で24の言葉があります。なにげなくカレンダーなどで見ていたものも、意味を知ることで暮らしの中でより季節を味わうことができます。『二十四節気』を知って、日本の季節の移ろいを楽しんでみてください。

 

 

シャキッとした歯ごたえで優しい甘みの梨。なんと、弥生時代から食べられていたんだって!追熟はしない果実なので新鮮なうちに食べちゃおう、保存はビニール袋に入れて野菜室へ。

めくろうくんのちょっと雑学!?

 

 

色彩暦(二十四節気入)

お買いもの

色彩暦(二十四節気入)

¥1,100(税込)

四季の移り変わり、日々の暮らしの節目を暦で感じることのできるカレンダーです。

四季の移り変わり、日々の暮らしの節目を暦で感じることのできるカレンダーです。

この記事をシェアする

一覧に戻る