2021.03.30 up

スタッフブログ

セミナーでレベルアップしてきた!(その①)

先日、福井商工会議所で行われた「接遇・マナー&電話応対力向上セミナー」に弊社の若手女性社員が参加してきました。

3人のプリプレススタッフの感想です。

 

マイナスの印象をゼロにするには8回の良い印象が必要

働く環境の中で使う機会のなかったマナーもあり、基礎から応用まで幅広く応対するには日頃からの意識が重要だと思いました。

 

自分の知らなかった知識もあり、非常に奥深く感じたことがいくつかありました。

例えば、マナーのひとつで相手の印象が悪くなったとします。

マイナスの印象をゼロにするためには、なんと8回もの良い印象が必要なのだそうです!

 

研修は挨拶とお辞儀、名刺の扱い方、お迎えと案内の仕方など様々なシーンでのマナー講座でした。
メインは難しいと不安に思っていた電話応対。

今回、実際に行ったのは応対内容の録音。これは当人たちの弱い部分を直すのに最適でした。
会社や仕事の内容を理解し、マナーをもって良い印象を身につけても、それをきちんと伝えるのは自分自身だと思いました。向上の意識をもって苦手意識を遠ざけていきたいです。

 

今回の受講後に私の決めた目標は、滑舌、姿勢を良くする、言葉を理解する、挨拶の4つの心得のひとつ「明るく笑顔で」です。

身近な行動の中では電話を置くときはフックを先に押します。セミナーで社外の人を目にしたこともあり、自身の欠けてる部分は堂々としていないこと。弱みが裏目に出ている気がしました。実践で埋めて向上し、無駄のない良いものをアウトプットできる力を身につけたいです。

 

 

知らないことを学ぶのは楽しい

初めて学ぶことばかりで知らなかったことを学ぶということが、こんなにも楽しい事なんだなと感じました。

電話が鳴ったら直ぐに出るのではなく相手に心の準備ができるように1コールは聞いて出た方がいいということ、逆に10秒以内に電話に出ないと人は“またされた”と感じるそうです。

電話に出るという簡単なことでも難しいものですね。

 

最近はマスクを着けていることもあり、ボソボソと話すのではなく、明るくハキハキと相手がメモを取れる速さで話せるように電話応対では常に気を付けていこうと思います。

ビジネス応対の5原則である“挨拶・笑顔・態度・身だしなみ・言遣い”を心がけていつどこで誰に会っても恥ずかしくない人でいられるよう、セミナーに参加して終わりではなく学んだことを仕事にもしっかりと活かしていこうと思います。

 

 

対応一瞬・印象一生

第一印象はとても大事。

実際にみなさんの前で電話応対の練習をした時、緊張して笑顔を作ることが出来ませんでした・・・

録音してもらった内容を自分で聞き返してみると、ちょっと無愛想に聞こえて笑顔って本当に大事なことだということが分かりました。

講師の先生が「電話応対は1対1のコミュニケーションです。上手にやろうと思わなくていい。人間味のある応対を心掛けて下さい」と言われていて今まで緊張しながら電話をとっていましたが、焦らずに相手の話をしっかりと聞いて笑顔で応対していこう!と思いました。

 

笑顔で気持ちの良い応対が出来るように、普段から明るく笑顔で過ごしたいと思います。

また、電話応対でも相手の方に「もう一度この人に出てほしい。」と思ってもらえるように、顔は見えなくても笑顔でハキハキと応対できるように意識していこうと思います。

 

 

 

 

歴史あるマナーも時代を経て変化しているようです

ノックの回数は4回、手の重ね方は基本は左手上。

 

 

マスクを外せない世の中だけど、普段から笑顔は大切にしていきたいね!

めくろう店長

この記事をシェアする

一覧に戻る